東京ではフロアコーティングが普及しています

subpage01

東京ではフロアコーティングが大変普及しています。その理由は東京の住宅事情と、生活環境に起因する所が大きいものです。東京では地価が高く、住宅を持つ多くの人が高額の住宅ローンを抱えているケースが多いものです、そのため、夫婦共働きというケースが少なくありません。


また、マンションなどの場合にはワンルームと呼ばれる一部屋の物件も多く、一人暮らしの人が多いものです。



その為、自宅にいる時間が少なく、掃除や床に対するワックスがけなどを丁寧にこまめに行う時間がなかなか取れず、床が汚れやすいという悩みを持っている人が多いという実態が有ります。



フロアコーティングは、床に被膜を作り汚れやキズなどから床を守るという効果が有ります。


その為、なかなか掃除をする時間をとることができない家庭や、忙しい一人暮らしの人に非常に重宝されており、東京では普及率が高いのです。又、フロアコーティングにはもう一つの大きなメリットがあります。

それは、床材がいたみにくいことです。



床は人が歩くところなので、経年変化とともに塗装が傷んだり、光が当たることにより変色したり、木材の場合には反ってしまいひび割れなどが発生してしまうことも多いものです。フロアコーティングを行うことで塗装の痛みを防ぐとともに、光による変色や乾燥を防ぐため、床をより長持ちさせることにつながります。自分の住む場所がより長く美しい状態に保つことができるということも有り、フロアコーティングを行う人が多いのです。