フロアコーティング施工の効果

subpage01

住宅をはじめ施設や商業店舗の床面は、長い年月使用していると次第に劣化が進んでいきます。

住宅では、家具の移動で傷が付いてしまったり、水分が床に落ちて染みの原因になったりと様々な要因があります。

オリジナリティに富むiemo情報をお伝えします。

施設や店舗は、人の通行量が多い為、擦り傷や摩耗が激しくなります。

住宅や施設の床面を長期間、良好な状態に保持出来る方法としてフロアコーティングがあります。

フロアコーティングは、特殊な塗料を床面に塗る事で、一定の膜厚が出来るため床の素材自体を守る事が出来ます。
特に傷付きや水分の染み込みによる汚れを防護する効果があります。
床は一度汚れ始めると広がっていきます。

神奈川のエコカラット情報サイトを使用する機会が増えています。

新築の床に近い状態を維持していくには、フロアコーティングはとても効果の大きい施工方法となっています。

フロアコーティング施工において複合的な効果を発揮するのが艶と光沢です。



コーティングの仕上がり面は非常に美しく日光や室内照明の光が直接当たると反射します。部屋全体が明るく清潔になる効果もあるのです。
次にメンテナンスが非常に楽な効果もフロアコーティングにはあります。


撥水性がある為、布で拭き取るだけで簡単に汚れを取り除く事が出来ます。


清掃が楽な点は大きな効果と言えます。


コーティング施工において初期費用が必要ですが、10年以上効果を持続出来るためワックス等のメンテナンスが不要です。
ランニングコストが良く総費用を抑える事が可能です。


以上、床面へのコーティングは、住宅をはじめ様々な施設の床に採用されています。